No.14
山田和也
演出家
山田和也
Kazuya Yamada(演出家)
1980年演劇学科入学

大学卒業後、東宝演劇部に所属。三谷幸喜/作『君となら』で演出家デビュー。
以後『王様と私』『ダンス オブ ヴァンパイア』『ウェディング・シンガー』『シスター・アクト』などのミュージカルの演出を数多く手がける。
ミュージカルだけでなく翻訳劇、現代日本の劇作家による話題作など、大劇場から小劇場まで守備範囲は広い。『チャーリー・ガール』『ジキル&ハイド』『ミー&マイガール』の演出で第28回菊田一夫演劇賞を、『シラノ』『ラ・カージュ・オ・フォール』の演出で第12回千田是也賞を受賞。
作品実績
1995年 「君となら」
1997年 「笑の大学」
2001年 「ジキル&ハイド」
2004年 「浪人街」 
2008年 「レベッカ」
2011年 「風と共に去りぬ」
2013年 「その場しのぎの男たち」
2014年 「イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー」
●受賞歴
1997年 第4回読売演劇大賞
最優秀作品賞「笑の大学」
2002年 第28回菊田一夫演劇賞
「チャーリー・ガール」、「ジキル&ハイド」、「ミー&マイ・ガール」の演出に対して
2009年 第12回千田是也賞
「シラノ」「ラ・カージュ・オ・フォール」の演出に対して